中尾圭吾/ジンジャーダイヤモンド

  1. ヒトモノ

ここ7年間風邪をひいていません。

なかおけいご/ジンジャーダイヤモンド店長。1970年生まれ。身体に優しいてんさい糖を使ったジンジャーシロップ店を経営。大きく体調を崩し漢方を中心とする病院に通い、そこで身体を温める事の大切さを知り、ジンジャーシロップを作り始める。

――オリジナルのジンジャーシロップを製造、販売しているジンジャーダイヤモンドの中尾さん、というのはみなさんご存知かと思うのですが、今日はもうちょっとコアな中尾さん、いつも聞けない中尾さんの話を聞きたいです。そもそも儲かってるんですか?
中尾:
儲かってるかというとね、儲かってないです。儲かるように頑張っています。今7年目なんですけど、去年は人を増やしたのと、冊子をたくさん作ったりとかで、まぁ投資をたくさんしました。アルバイトも6人いて。製造業で人集めるのって大変だから、先に投資をしました。冊子も作ったらそれがお金に変わるかといえば、また別の話でね。

―― 販売先ってどこがメインなんですか?
中尾:
もともとウェブでの販売からスタートしてるんですけど、そのあとウェブが売れなくてマルシェに誘ってもらって、アイネスフクヤマでやったのが最初。それがちょっと売れたもんだから、そういう場所を探したら今度は鞆の浦になって。そうしてるうちに商工会議所の方に声をかけられてやってみたり。まぁなかなか売れないですけどね。ちょっとずついろんなつながりができています。

― 1997年頃に「はなまる」という情報誌を制作してたじゃないですか。どんな経緯で今の仕事をしてるんですか?
中尾:今47歳ですけど、ジンジャーダイヤモンドを始めたのは40歳。はなまるやってた頃は20代後半くらいです。B5版16ページのフリーペーパーを3万部発行。立ち上げから2年ほどやっていました。美容院や飲食店、キャスパみたいな商業施設とかを紹介する雑誌で、ほぼゼロからやらしてもらいました。その時は東京から福山に帰ってきて「なんかつまんないな」「なにかできないかなぁ」と始めたんです。
 僕は企画をしたくてその会社に入ったんですけど、そのあと辞めて、フリーになった。フリーになったはいいけど、ポリシーのないままなったから、結構行き詰まっちゃって。その時に病気もしてたのもあって、結婚を機に横浜に行って、カイロプラクティックチェーン店の店舗開発をしてました。その後、精密板金の会社に移って、ナノの世界の部品に携わったり、その頃にまた体を壊して、離婚して福山に帰ってきました。

―― 散々ですね。
中尾:
こっちでも仕事したんだけど体調が悪くて、自宅でできるものを考えたら、自分のために作ってたしょうがシロップがあったんです。お医者さんから身体を温めなさい、根菜類を食べなさいと言われて、ショウガに注目するようになり、既製品でしょうがシロップがあることを知ったんです。
 しょうがシロップを詳しく調べていくと、上白糖は身体を冷やす、てんさい糖は身体を温めるということを知り、身体を温めるものを取り入れたかったので、てんさい糖を使ってしょうがシロップを作り始めました。
 「これ絶対流行るわー」とか、アンテナが立つときってあるんですよ。「テレビ見ててこの人絶対人気出るよー」「ほら人気出たでしょ」みたいな。ジンジャーシロップが今ほど流行る前に、そのアンテナが立ったんです。そこで、自分ひとりならこれで食っていけるんじゃないかって、やり始めた。器用ではないけど、何か作り出していくことは好きというか。

―― いっそのこと、はっとり生姜の産地、駅家町に移転したりはしないんですか。
中尾:
連携はするけど、それはしないです。流行り廃りもあるし。人は飽きるので、まずは、今いるところで根を下ろしていきたい。うちのジンジャーシロップは、身体を温めるという事に着目したもので作っています。ショウガはまろやかな辛さが特徴的なはっとり生姜を使っているし、砂糖も上白糖ではなくてんさい糖を使っています。代謝をあげる効果があるシナモンも入っています。ジンジャーシロップを作って飲み始めてから7年になるけど、7年ほぼ風邪をひいていませんよ。お客さんからも風邪をひかなくなったとか、体調がよくなったという声をよく聞きますしね。
 今後は、ジンジャーダイヤモンドセレクションという、セットで売るっていうのをひとつやっていきたいですね。小麦粉アレルギーの方に向けたグルテンフリーのものや、老化を防止するオリーブオイルとか、同じように体に良いものをつくっている商品をセットで販売したいですね、ネット販売のみでね。もうひとつは、うちのジンジャーシロップを使ったジュースバーを作りたいんですよ。「ジンジャーダイヤモンドソーダワークス」っていう。高速のサービスエリアに夏場だけテントを立てて。シロップを炭酸で割れば、ドライなジンジャーエールができますよっていうセットも一緒に売りたいですね。

ジンジャーダイヤモンド
身体にやさしいてんさい糖を使った、ジンジャーシロップのブランド。てんさい糖の甘みにシナモンをきかせた「ジンジャーシロップ琥珀」と、すりおろした生姜をたっぷり入れた「ジンジャーシロップ黄金」が人気。
ginger-diamond.com

関連記事

高田優子/デザイン書家

自分らしい表現を求めて行き着いたもの。 漢字だけでなく、英字やイラストが書かれた華やかな色使いの作品。よく目にする書道とは少し異なるデザイン書道を書く、…

大島文恵/喜多流大島能楽堂

能面を外して語る、これからの能の話。喜多流大島能楽堂 1943年、戦後復興に尽力した3代目・大島久見により建設。1958年より年4回の解説付きの定例鑑賞能を全国…

桑田真由美/桐箱メーカー代表

桐でできた宝箱。くわだまゆみ/曙工芸株式会社 代表取締役社長。1962年生まれ。生活に近い視点から、桐箱の新たな用途提案を行なう。今では娘も会社を手伝っている。…

張ケイイェン/ALL Language School

ちょうせんせいの薬膳入門。「歩くパワースポット」と囁かれるほどキラキラ輝き、歩むことを止めない女性がいる。張ケイイェンさん。人を引きつける、そのパワーの…

貝原大和/起業家

小さな一歩を踏み出すことから。かいはらやまと/合同会社SrtAction代表社員。「福山移住新聞」編集長。1986年生まれ。福山市出身。2017年福山にUターン…

早間寛将/三暁(鍛造いかり)

三暁 1951年鞆町で船具の製作所として設立。現在は鞆鉄工団地で、芦田川河口付近にかかる芦田川大橋のケーブル端末金具など、金具製品の設計、製造、販売を行う。20…