最近の記事

  1. NEWS
  2. with Dogs 2

注目記事

  1. NEWS

発見の木

  1. mamanohibi
「みち」 作・絵:阿部海太 発行:リトルモアブックス 価格:1800円(税別)

 今までどんな景色を見てきたか。誰と、どんな世界を見てきたか。人生はひとつの旅だとよく言うけれど、旅の概念を広げるとそうかもしれない。あるく、あるく、はしる、あるく。人生の1シーンごとを、時には恐る恐る、時には美しさにため息をつきながら、あるく、はしる、あるく。
 この本は幸せだ。恐怖の闇の中でも、喉の渇きに苦しむ世界でも、いつも隣に大切な人がいる。この道のりを一人で歩くと想像すると、震える。途中であきらめたくなるかもしれない。一人じゃないことが、美しい色も、風も、世界を何倍にも広げてくれるのを教えてくれる。
 あなたは一人じゃない、静かにそんなメッセージが伝わってくる一冊で、贈りたい人の顔が浮かぶ、ページをめくるごとにそんな気持ちになる。何よりこの本の最後に広がる世界を見てほしい。恐いと感じる? ワクワクする? それは「一人じゃないと思えるかどうか」かもしれない。
 きっと、人はそうして人生を豊かにしていくのだと思う。物でもない、環境でもない、武器もお金も何も手にしない状態で世界を美しく感じられるのか。大人や子どもの定義はわからないけれど、残された時間は確実に少なくなってきた。何を選ぶかじゃない、何を選ばないか。シンプルなことに気づかせてくれる一冊だ。

井口 絵海

いのくちえみ/1977 年福山生まれ。二児の母。NPO 法人mamanohibi 代表。ラジオDJ(KissFM KOBE)。育児セラピスト。

記事一覧

関連記事

発見の木

『恐竜がいた』 詩:谷川俊太郎 絵:下田昌克 発行:スイッチ・パブリッシング 定価 :1600円(税別) 今、私たちが生きているこの世界に、かつて恐竜が…

発見の木

「よるくま」 作・絵:酒井駒子 偕成社・刊 価格:1000円(税別)お母さんは、なんでいつもいそがしそうにしてるんだろう? お母さんは、なんでぼくのそば…

発見の木

「いる」じゃん  作=くどうなおこ 絵=松本大洋 スイッチ・パブリッシング 1600円(税別) 詩人はそこに「いる」もの、感じられたものを言葉と…