発見の木

  1. mamanohibi
『恐竜がいた』 詩:谷川俊太郎 絵:下田昌克 発行:スイッチ・パブリッシング 定価 :1600円(税別)

 今、私たちが生きているこの世界に、かつて恐竜が生きていた。「同じ月を見ていたんだ」と気付いた夜は、原子となった恐竜の粒が空気の中を漂っている気がした。今は骨という「物質」になったけれど、確かに「いた」と、静かに主張している。
 そんな恐竜に夢中になった芸術家がいる。彼は、随分年上の詩人に自分が作った恐竜のかぶりものを見せた。詩人はとても喜んだ。それがうれしくて、詩人に会うたびに新しく作った恐竜を持って行った。詩人は恐竜に詩をプレゼントしてくれた。またまたそれでうれしくなって、もっと作品を作る。そして詩もできる。そんなある日、詩人が言った。「実は恐竜には興味がない」
 芸術家がびっくりしていると、「僕が興味があるのは、下田くんの作った恐竜」。そして一緒に作る理由を「友情」とさらりと言った。芸術家の力がわいてきた。そして、この本が生まれた。この黒い本の中に、白い線で描かれた恐竜と、恐竜になった芸術家と、詩人の言葉が眠っている。君の手で扉をひらき、ページに光をあてて、「恐竜がいた」世界を目覚めさせよう。
 君の心の中の恐竜も、時を越えて目覚めるだろうか。

井口 絵海

いのくちえみ/1977 年福山生まれ。二児の母。NPO 法人mamanohibi 代表。ラジオDJ(KissFM KOBE)。育児セラピスト。

記事一覧

関連記事

発見の木

「よるくま」 作・絵:酒井駒子 偕成社・刊 価格:1000円(税別)お母さんは、なんでいつもいそがしそうにしてるんだろう? お母さんは、なんでぼくのそば…

発見の木

「みち」 作・絵:阿部海太 発行:リトルモアブックス 価格:1800円(税別) 今までどんな景色を見てきたか。誰と、どんな世界を見てきたか。人生はひとつ…

発見の木

「いる」じゃん  作=くどうなおこ 絵=松本大洋 スイッチ・パブリッシング 1600円(税別) 詩人はそこに「いる」もの、感じられたものを言葉と…

This error message is only visible to WordPress admins

Error: API requests are being delayed. New posts will not be retrieved.

There may be an issue with the Instagram access token that you are using. Your server might also be unable to connect to Instagram at this time.

Error: API requests are being delayed for this account. New posts will not be retrieved.

There may be an issue with the Instagram Access Token that you are using. Your server might also be unable to connect to Instagram at this time.