発見の木

  1. mamanohibi

「いる」じゃん  作=くどうなおこ 絵=松本大洋 スイッチ・パブリッシング 1600円(税別)

 詩人はそこに「いる」もの、感じられたものを言葉という網を使って、すくい上げるのが仕事かもしれない。そして並べて整えて、「さあ、飛んでいきな」とタンポポの綿毛のように飛ばすのだろう。あなたのところに運ばれた種は、時期が来たら芽を出し、根をはり、伸びて花を咲かせ、実をつけたら次の心に飛ぶのだろう。
 雑誌「MONKEY」11号の「ともだちがいない」というテーマを受けて、「いるじゃん!」と答えた詩人くどうなおこは、幼い頃からテントウ虫やカタツムリが友達だった。詩人の書いた「のはらうた」シリーズは、小さな生き物達の声でいっぱいだ。詩人の息子である漫画家・松本大洋は母の言葉のエネルギーを受けとめて、立ち止まって考えた。母の言葉を生かすため、どんな絵を描いたらいいだろう。そして二人で一冊の本を作った。
 この本を届けたいと願った人々がいて、ここに本が「いる」。そして今、この地上で生きて「いる」あなたのところへ届く。どう感じるかはあなた次第。その時々で本から受ける印象は変わるだろう。何度でも扉を開いて会いに行こう。いつか、あなたの口から「いる」じゃんと、言葉が溢れてくるかもしれない。

井口 絵海

いのくちえみ/1977 年福山生まれ。二児の母。NPO 法人mamanohibi 代表。ラジオDJ(KissFM KOBE)。育児セラピスト。

記事一覧

関連記事

発見の木

『恐竜がいた』 詩:谷川俊太郎 絵:下田昌克 発行:スイッチ・パブリッシング 定価 :1600円(税別) 今、私たちが生きているこの世界に、かつて恐竜が…

発見の木

「みち」 作・絵:阿部海太 発行:リトルモアブックス 価格:1800円(税別) 今までどんな景色を見てきたか。誰と、どんな世界を見てきたか。人生はひとつ…

発見の木

「よるくま」 作・絵:酒井駒子 偕成社・刊 価格:1000円(税別)お母さんは、なんでいつもいそがしそうにしてるんだろう? お母さんは、なんでぼくのそば…

This error message is only visible to WordPress admins

Error: API requests are being delayed. New posts will not be retrieved.

There may be an issue with the Instagram access token that you are using. Your server might also be unable to connect to Instagram at this time.

Error: API requests are being delayed for this account. New posts will not be retrieved.

There may be an issue with the Instagram Access Token that you are using. Your server might also be unable to connect to Instagram at this time.