河原木厚子/ウエディングプランナー

  1. ヒトモノ

ヒトと街と、つながる縁。

かわらぎあつこ/ウエディングプランナー。 1987年生まれ。22歳でウエディング業界に転職。コスチュームアドバイザーを経てウエディングプランナーに。

 たくさんの人々の笑顔に囲まれた、幸せいっぱいの結婚式。新郎新婦にとって人生最大のイベントを、創意工夫して作り上げるのがウエディングプランナーの仕事です。福岡から福山に戻り、結婚式場「セント・ヴァレンタイン」でウエディングプランナーとして働く河原木厚子さんに、仕事と地元について聞いてみました。
 ウエディング業界に入ったのは今から約10年前。もともとサービス業の仕事をしていたのですが、退職し2009年、ハローワークで見つけたのがセント・ヴァレンタインの求人でした。正直ウエディング業界の知識はまったくない状態でしたが、結婚式場はとてもキラキラしたイメージ。参加するだけで幸せな気持ちになれるし、そんな職場はきっと楽しいに違いないと思って応募したのが今の仕事を始めたきっかけです。
 入社して感じたことは、結婚式には想像以上にたくさんの人々が関わって、連携の上に成り立っているということ。セント・ヴァレンタインの中には撮影や会場装飾、コスチュームなどの様々な部署があり、それぞれがお客様の目指す式を作り上げるために色々な案を持っています。結婚式は、その各部署が各自で動くのではなく他の部署とも意思疎通を図り、コスチュームの雰囲気に合わせて会場装飾のバランスを調整したりなど、お互いの力や経験を掛け合わせることで作り上げられています。キラキラとだけ見えていた世界がとても奥深いものだと知って、ここで働けば働くほど、そのおもしろさと責任の重さを実感している毎日です。

おふたりの想いを汲み取れるように
 入社後は4年間コスチュームアドバイザーを務め、そのあとはウエディングプランナーの部署に異動となりました。コスチュームアドバイザーは、結婚式当日の新郎新婦様がとびきり輝くための衣裳を、おふたりのご要望を伺いながら式全体の装いも踏まえてご提案をしていきます。コスチュームは新婦様のご要望に耳を傾けることが多く、ウエディングプランナーになってからも新婦様の話をよく聞くようにしていました。しかし、結婚式は新婦様だけではなくおふたりが挙げたいと思って初めて実現するもの。結婚式の内容についてあまり口を出されない新郎様は多いですが、結婚式に対してまったく想いがないという方はおりませんので、おふたりの想いを汲み取れるようにじっくりと話し合います。ウエディングプランナーは特にお客様と各部署の人間の間に立ち、式全体のバランスを図ったり必要な部署へ働きかけを行う役割も持つので、おふたりの想いを汲み取ることはプランナーをする上で大事な要素の一つです。
 お客様にとって、ウエディングプランナーは最も身近で親身であるべき存在。結婚式を挙げるまでの間、良いことも悪いこともお伝えしてお教えいただくのがプランナーの仕事だと思っています。結婚式までの日程の中、時には進行が遅れていたり追加の手配が必要になることもあります。調整の必要があることはお互いに包み隠さずお話をする。そして、要望に対してはいつも全力でお応えできるように、日頃から準備を整えておくことが欠かせません。

自分が動くことで福山に恩返しができたら
 新郎新婦様だけではなく、イベントなどで知り合う小売業や飲食業を営む方や作家の方といった、仕事を通じて出会った方々に対してもプラスの影響を与えられるようになれたらと思っています。「ここに来たらあの人がいる」とか「ここで結婚式をしてよかった」とか「福山にこんな素敵な式場があって本当によかった」と想ってもらえるようになることが、入社時から変わらない目標です。この仕事の喜びは、結婚式後もお客様とのつながりが絶えないことですね。私たちの式場では、結婚式後のサンクスパーティーや、結婚1周年の記念に併設レストランにご招待しています。結婚式後のお客様の生活について伺ったり、別のお式の列席者としていらした際にお声掛けいただけるのが、この仕事をしていて嬉しいと思う瞬間です。
 仕事は、自分だけでは得られないご縁をいただけるもの。普段の交友関係のなかでは出会えなかったはずの方や、さまざまな職種の方との出会いを通じて、自分の成長を感じるられるのは仕事ならでは。仕事のつながりによって、近隣施設や地域と協力して街を回遊できるようなイベントを行なったり、施設などを気軽に行き来できるような仕組みを作れたら面白いですよね。できることから少しずつ自分が動いていくことで、地元福山への恩返しができればと思っています。

ホーリーザイオンズパーク セント・ヴァレンタイン
福山駅徒歩5分。まるでウエディングのテーマパークのような、壮大なゴシック建築が広がる結婚式場。尖塔の高さ60m、天井高20mのヴァレンタイン大聖堂は日本最大級。
住所:福山市西町2丁目7-1
TEL:084-932-0214
営業時間:10:00~19:00
定休日:火曜日(祝日を除く)
https://www.st-valentine-fukuyama.com

山崎 小由美

やまさきさゆみ/ALGORHYTHM

記事一覧

関連記事

岡信太郎/柑橘行商人

「好き」を仕事にしていい。おかしんたろう/ぽんぽこらんどスタッフ。長崎県出身。1989年生まれ。2015年愛媛県にある離島、岩城島に移住。岩城島で育てた柑橘類を…

信岡幸一/エキヤパッケージ

ものづくりの街に欠かせないものとは?のぶおかこういち/有限会社エキヤパッケージ専務取締役。1975年生まれ。3人の子を持つ父親。夏は海、冬はスノーボード。親子で…

掛谷康樹/惣堂窯

15年ぶりに会った先生の焼き物。高校3年生の時、選択科目で1年間だけ陶芸の授業があった。15年前の話だ。その時教えてもらっていた先生が、話やすくてまぁまぁ好きだ…

中尾圭吾/ジンジャーダイヤモンド

ここ7年間風邪をひいていません。なかおけいご/ジンジャーダイヤモンド店長。1970年生まれ。身体に優しいてんさい糖を使ったジンジャーシロップ店を経営。大きく体調…

河上倫久/ageha hair

美容師の仕事は、かわいい子を増やすこと。かわうえみちひさ/rinka.代表取締役、美容師。1971年福山市生まれ。東部美容学校卒業後上京、そしてロンドンへ。帰国…

高田優子/デザイン書家

自分らしい表現を求めて行き着いたもの。 漢字だけでなく、英字やイラストが書かれた華やかな色使いの作品。よく目にする書道とは少し異なるデザイン書道を書く、…